>

寝る時を快適に

寝袋

寝袋はキャンプに行ったことがない人でも使ったことがある方もいるのではないでしょうか。
最新のものでは暖かさや使いやすさ増したものがあります。

例えば、体だけではなく首回りや肩もすっぽりと覆ってくれるものがあります。
また、中綿を独自の方法で配置しており、全体的に冷気の侵入を阻止してくれます。
これぐらい寒さ対策ができたものでしたら、-10度の環境でも安眠できます。
しかも、持ち運びしやすいバッグに収納でき、広げればマットにもなるので、広い用途で使えます。
便利なものでしたら、キャンプ以外、例えば防災用やレクリエーションの時にみんなと座るのにも使えます。

他にも防水性がしっかりしたものや、蓄光の機能を持ったものもあります。

マットや台

テントに寝袋をひいて寝るのもいいですが、どうしても床の固さや冷たさが気になってしまうこともあります。
そういう時は、マットやベッドのようになる台を活用してみてください。

マットは空気を入れて膨らませるものやそのまま引くことができるものもあります。
膨らませるものは自力でするのはかなり大変ですので、電動の空気入れや、浮き輪にも使えるような手や足で空気を送り込めるようなものを使うと楽です。
また、こういったものは空気を抜くのも意外と大変です。
空気を入れるだけでなく、抜ける機能もあるものを選ぶと帰りの時も楽です。

敷くだけで使えるものは、薄くて軽量なので、道具が多くなりがちなキャンプにはありがたいですね。
軽いですが耐久性も保温性の機能がしっかりしてます。


この記事をシェアする