>

キャンプの道具選び

暖房器具

キャンプでも使える暖房器具ですが、暖房目的で作られたものですと薪ストーブやカセットボンベを使用したストーブがお勧めです。
燃料を燃やすという点で一酸化中毒に注意が必要になるので、使用中はこまめに喚起することが必要です。
薪ストーブは暖がとれる以外に、ストーブの上で調理もできるので、時間をかけて作るような料理をしたり、お湯を沸かしたりもできます。
火の粉の心配もなく、煙突がついているものならテントの中が煙たくなる心配がありません。

カセットガスで使用できるストーブはサイズも値段も比較的コンパクトで、キャンプ以外にも使用しやすいです。
ただし、気温が氷点下になると燃焼力が弱まることもあります。
キャンプに行くときの気温によっては他のストーブと併用するなどした方がいいかもしれません。

暖房器具の性能も兼ね備えた調理器具

バーベキューコンロや囲炉裏は調理器具ですが、暖房設備としての機能も発揮します。

囲炉裏は家の中でいうダイニングテーブル。
みんなで囲み温まりながら食事をすることが出来ます。
キャンプ場ではロッジの横に併設されていたり、専用スペースがある所もありますね。

囲炉裏になるような、バーベキューグッズがあり、コンロを置く台と皿やコップが置けるようなスペースが一緒になっているものもあります。
囲炉裏テーブルと呼ばれることが多く、普通のアウトドア用テーブルにコンロを置くのとは違い、コンロとテーブルの高さが同じようになるよう設計されているので、椅子に座った時も焼いている肉や野菜がとりやすいです。
高さも低い物から高いものがあるので、使いやすい物を選びましょう。


この記事をシェアする